テキストエディタ比較

テキストエディタを色々試してみたので各エディタの雑感を残しておく。

EverNote

良いところ

・フォルダ、タグが使える

悪いところ

・無料版は台数制限がある
・コピペすると書式まで保存される
・pre記法が無いのでソースコード貼り付けは向いてない

雑感

・台数制限が無ければこれが一番良いんだけども…。

InkDrop

良いところ

・フォルダ、タグが使える
・マークダウンが使える
・ステータス管理ができる(Active/On Hold/Completed/Deleted)
・pre記法の表示が変化するので見やすい

悪いところ

・有料
・PC版エディタが落ちやすい

雑感

・機能は今回上げたエディタで一番そつなくまとまっている。
・メモしたい瞬間にエディタが落ちていると厳しい。エディタが落ちた場合は立ち上げ直せばいいわけではなくゾンビプロセスが生きてる場合が多いので、タスクマネージャーからプロセスを削除してから起動する必要がある。

Joplin

良いところ

・フォルダ、タグが使える
・マークダウンが使える
Evernoteを使用した同期のため、データ保存場所が明確

悪いところ

・PC版エディタで記号を使うとカーソル位置がおかしくなる

雑感

・PC版エディタに等幅フォント設定が必須だが、設定しても反映されない。そのため記号を使用するとカーソル位置がおかしくなるため入力に支障が出る(Windows版、Linux版で確認、Android版アプリは問題なし)。回避方法として外部エディタで編集することもできるが何のためにこのエディタを使ってるか分からなくなる。
・Web版は試していない。

SimpleNote

良いところ

・タグが使える
・マークダウンが使える
・プレーンテキストしか扱えない
・「- []」でチェックボックスが現れて使用できる

悪いところ

・フォルダが使えない
・PC版エディタが入力を取りこぼしたりカーソルが飛んだりする
・Web版は起動しなくなることもあり、その際にはキャッシュの削除が必要になる

雑感

・入力取りこぼしやカーソル飛びはそこそこ性能が高いWindowsでもUbuntuでも発生していた。そのためスペックによるものではないと思われる。
・Web版は前述のような入力不具合は無い。

まとめ

自分の環境ではSimpleNoteが無難な使用感触だったためこれを使っていくことにした。PC版エディタが軒並み不具合多発なのはやはり同期処理が問題を生みやすいのだろうか。