ThinkPad X200s のキーボードレイアウト変更

概要

ThinkPad X200sで以下のキーが誤爆しやすい場所にあるため厄介。
・左カーソルの上のキー(XF86Back(戻る))
・右カーソルの上のキー(XF86Forward(進む))

左カーソルの上のキーにPgUp、右カーソルの上のキーにPgDnを割り当てたい。

環境

ThinkPad X200s
LinuxMint

手順

手順の簡略化のため設定ファイルを直接編集する。

$/usr/share/X11/xkb/symbols/inet
xkb_symbols "evdev" {
 :
// key <I166> { [ XF86Back ] };
key <I166> { [ Prior ] };
// key <I167> { [ XF86Forward ] };
key <I167> { [ Next ] };
 :

ログアウトした後でログインすると設定が反映される。

補足

どの設定ファイルが読み込まれているか確認した方法は以下。

$ setxkbmap -print
xkb_symbols { include "pc+jp+inet(evdev)+terminate(ctrl_alt_bksp)" };

/usr/share/X11/xkb/symbols/inet の evdev に XF86Back/XF86Forward の定義があった。